ウォーターサーバーで安心な水生活

水道水への安全性への懸念と天然水の使用

日本の水道水は世界的にみても高い品質を保ってきていることから、水道水を飲み水とすることに抵抗がないというのが一般的でした。しかし、消毒のために使っている塩素が高い濃度で残っていることを代表としていくつかの健康への懸念がささやかれていたのは事実です。それに加えて東日本大震災による放射性物質の漏洩の影響もあって、水道水の飲み水としての安全性について懸念が持たれるようになりました。 水道水の安全性を懸念する人たちにとって有望な選択肢として浮上してきたのが家庭用ウォーターサーバーです。定期的に配達してきてもらえる安全な天然水を日常的な飲み水とすることで、水道水の安全性について懸念する必要のない生活を実現することができます。

赤ちゃんでもウォーターサーバーなら安心

水の安全性という考え方には水道水に対する指摘もある一方で、天然水についても指摘があります。大人の人が飲むことには何も問題がないと祝える天然水ですが、その成分によっては赤ちゃんが飲むとお腹を壊してしまうことがあるからです。マグネシウムの多い硬水を飲むと赤ちゃんはお腹を壊してしまいがちであり、ウォーターサーバーで天然水を飲むというのも必ずしも万人に良い方法ではありません。 しかし、多くのウォーターサーバーメーカーは天然水だけではなくRO水も提供しています。RO水はミネラル分を減らした水であり、赤ちゃんがお腹を壊してしまうような心配はありません。こういった選択をすることによって赤ちゃんでも安心して飲める安全な水を家庭にもたらすことができます。